東京大学総合研究博物館 The University Museum, The University of Tokyo
東京大学 The University of Tokyo

ミュオグラフィの陸から海への展開 (2021年3月19日)
・原子力技術を活用した温暖化対応研究をアジア諸国と協力して推進
 −アジア原子力協力フォーラム大臣級会合において最優秀研究チーム賞を受賞−
(2020年12月10日)
3万年前の琉球列島への移住は偶然ではなかった −旧石器人の漂流説を否定する新たな証拠−(2020年12月4日)
・火星隕石が明かす42億年間に渡る火星の内部構造とダイナミクス
(2020年11月17日)
火星隕石の分析から太古の火星表層に水が存在した証拠を発見
  〜巨大な隕石衝突によって水が地殻を酸化し、長期間に渡る温暖気候をもたらした〜
(2020年10月31日)
東京大学は諏訪元名誉教授に東京大学特別教授の称号を授与(2020年10月1日)
40億年前より古い大量隕石衝突の痕跡を発見
  ―小惑星の岩石の年代測定から検証―
 (2020年8月26日)
140万年前のホモ属の卓越した技術を解明
  ―エチオピア、コンソで出土した140万年前の骨製ハンドアックスー
(2020年7月14日)
西秋良宏教授が総合研究博物館長に就任 (2020年4月1日)
・諏訪元教授・総合研究博物館長 退任記念講演の開催
(2020年2月19日)
2018年本館特別展示「珠玉の昆虫標本」が日本空間デザイン賞2019金賞を受賞
 (2019年10月10日)
火星探査に向けた国際的な惑星保護方針への貢献について
 〜日本の研究チームが火星衛星微生物汚染評価に関する
 科学的研究成果を発表・国際ルール設定へ主導的な役割〜
(2019年9月6日)
米田穣教授が第32回濱田青陵賞を受賞(2019年7月26日)
諏訪 元(教授)総合研究博物館長が日本学士院エジンバラ公賞を受賞
 (2018年3月12日)
諏訪 元(教授)総合研究博物館長が米国科学アカデミーの外国人会員に就任
 (2017年4月29日)
諏訪元教授が総合研究博物館長に就任 (2017年4月1日)
西野嘉章教授・総合研究博物館長 退任記念講演の開催(2017年2月21日)
西野嘉章館長・教授がレジオン・ドヌール勲章を受章(2015年12月17日)
哺乳類の頭蓋骨発生の進化を解明 (2014年4月7日)
西野嘉章教授が総合研究博物館長に就任 (2010年4月1日)
諏訪元教授が2009年度朝日賞を受賞 (2010年1月12日)