東京大学総合研究博物館 The University Museum, The University of Tokyo
東京大学 The University of Tokyo
HOME ENGLISH SITE MAP




諏訪 元 研究者リストに戻る

主として、化石の記録から人類のたどってきた進化の道筋を研究している。特にエチオピアをフィールドとし、1980年代から野外調査に従事、新発見の人類ならびに哺乳動物化石の記載ならびに比較研究に従事してきた。1990年代からは、マイクロCTなどを使用した3次元形状解析を化石ならびに現生標本の比較研究に取り入れてきた。現在は、ラミダス猿人、カダバ猿人など世界最古級の人類化石の一次研究、人類と類人猿の歯冠構造に関する比較形態学的研究、コンソ遺跡群の初期人類と哺乳動物相の進化と古環境的背景に関する研究、日本の人骨資料に基づいた形態進化に関する基礎的研究などに従事している。

人類形態研究室(諏訪研究室)のトップページへ

略歴
東京大学理学系研究科博士課程単位取得退学、カリフォルニア大学バークレー校Ph.D.(自然人類学/形態人類学/古人類学)。「ラミダス猿人など初期人類の進化に関する研究」 の業績で、2009年度朝日賞を受賞(受賞紹介)。

主要論文
1994 Australopithecus ramidus, a new species of hominid from Aramis, Ethiopia. Nature 371, 306-312。
1996 Mandibular postcanine dentition from the Shungura Formation, Ethiopia.
Am.J.Phys.Anthropol. 101, 247-282。
1997 The first skull of Australopithecus boisei. Nature 389, 489-492。
2003 Plio-Pleistocene terrestrial mammal assemblage from Konso, southern Ethiopia.
Journal of Vertebrate Paleontology 23: 901-916.
2004 Late Miocene teeth from Middle Awash, Ethiopia, and early hominid dental evolution.
Science 303: 1503-1505.
2005 A micro-ct based study of linear enamel thickness in the mesial cusp section of
human molars. Anthropological Science 113, 273-289。
2007 Early Pleistocene Homo erectus fossils from Konso, southern Ethiopia.
Anthropological Science, 115: 133-151
2007 A new species of great ape from the late Miocene epoch in Ethiopia. Nature 448:
921-924.