東京大学総合研究博物館 The University Museum, The University of Tokyo
東京大学 The University of Tokyo
HOME ENGLISH SITE MAP






松崎 浩之 研究者リストに戻る

研究分野:加速器質量分析・同位体地球化学

超高感度質量分析手法である、加速器質量分析(Accelerator Mass Spectrometry)によって、極微量の同位体を検出・測定することができます。具体的には、Be-10(ベリリウム10)、C-14(炭素14)、Al-26(アルミニウム26)、Cl-36(塩素36)、I-129(ヨウ素129)などです。地球上の物質は、過去の様々な環境変動の記録を同位体情報として記録していますので、加速器質量分析によって地球環境の歴史を読み解くことができます。C-14を利用した年代測定もその一例です。
私たちの研究室では、加速器質量分析による同位体測定技術の開発(同位体測定技術の新規開発や高度化)と、その応用研究の開拓(同位体測定データからどのように地球環境の情報を読み解くか)、という両面からの研究を行っています。
最近では、技術開発研究としては、負イオンとレーザーの相互作用を利用した同重体分離のための装置開発や、U-236(ウラン236)の測定法の開発を行っています。
応用研究では、I-129を利用した地球環境中のヨウ素動態の解明に取り組んでいます。ヨウ素は生体に必須の元素であり、有機物との親和性も高いため炭素循環にも深く関わっています。(最近では、海洋環境におけるヨウ素の化学変化が気候変動にも影響を与えているという報告もあります。)研究のための分析試料は、海水、土壌、サンゴ、堆積物、アイスコアなど天然のアーカイブで、実際にフィールドワークで採取することもあります。これらの試料を実際に化学処理して精製し、加速器質量分析で測定し、解析し、実際の環境動態のモデル化も行っています。

略歴
1966年生まれ。1990年東京大学工学部金属工学科卒業。1999年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修了、博士(理学)取得。東京大学原子力総合研究センター助手、助教授、東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻准教授を経て、2014年より現職。

ホームページ...http://malt.n.t.u-tokyo.ac.jp/~hmatsu/

主な業績
A.T. Bautista VII, H. Matsuzaki, F.P. Siringan (2016) Historical record of nuclear activities from 129I in corals from the northern hemisphere (Philippines), Journal of Environmental Radioactivity, 164, 174-181.

H. Matsuzaki, C. Nakano, Y.S. Tsuchiya, S. Ito, A. Morita, H. Kusuno, Y. Miyake, M. Honda, A.T. Bautista VII, M. Kawamoto, H. Tokuyama (2015) The status of the AMS system in its 20th year, Nuclear Instrument and Method of Physics Research B361, 63-68. DOI:10.1016/j.nimb.2015.05.032

M. Yamane, Y. Yokoyama, A.A. Ouchi, S. Obrochta, F. Saito, K. Moriwaki, H. Matsuzaki (2015) Exposure age and ice-sheet model constraints on Pliocene East Antarctic ice sheet dynamics, Nature communications, Open access (Published 24 Apr 2015). DOI: 10.1038/ncomms8016

M. Honda, H. Matsuzaki, Y. Miyake, Y. Maejima, T. Yamagata, H. Nagai (2015) Depth profile and mobility of 129I and 137Cs in soil originating from the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident, Journal of Environmental Radioactivity, 146, 35-43.

Y. Muramatsu, H. Matsuzaki, C. Toyama, T. Ohno (2015) Analysis of 129I in the soils of Fukushima Prefecture: preliminary reconstruction of 131I deposition related to the accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant (FDNPP), Journal of Environmental Radioactivity, 139, 344-350.

Y.S. Togo, K. Kazahaya, Y. Tosaki, N. Morikawa, H. Matsuzaki, M. Takahashi, T. Sato (2014) Groundwater, possibly originated from subducted sediments, in Joban and Hamadori areas, southern, Earth, Planets and Space, 66, 131. DOI:10.1186/1880-5981-66-131.

C. Toyama, Y. Muramatsu, Y. Igarashi, M. Aoyama, H. Matsuzaki (2013) Atmospheric fallout of 129I in Japan before the Fukushima Accident: Regional and Global Contributions (1963-2005), Environmental Science & Technology, 47, 8383-8390.

Y. Miyake, H. Matsuzaki, T. Fujiwara, T. Saito, T. Yamagata, M. Honda, Y. Muramatsu (2012) Isotopic ratio of radioactive iodine (129I/131I) released from Fukushima Daiichi NPP accident, Geochemical Journal, 46, 327-333.

H. Matsuzaki, Y.S. Tsuchiya, Y. Muramatsu, Y. Maejima, Y. Miyairi, K. Kato (2010) Comparison od depth profiles of 129I and 14C concentration in the surface layer of soils collected from Northeastern Japan, Radiocarbon Vol. 52, No. 3, 1487-1497.

Y. Yokoyama, H. Matsuzaki, T. M. Esat (2008) Prospects for the New Frontiers of Earth and Environmental Science, Quaternary Geochronology, 3, 206-207.

H. Matsuzaki, Y. Muramatsu, K. Kato, M. Yasumoto, C. Nakano (2007) Development of 129I-AMS system at MALT and measurements of 129I concentration in several Japanese soils, Nucl. Instr. Meth. Phys. Res. B259, 721-726.