OKHOTSK

北の異界
古代オホーツクと氷民文化






目次


ごあいさつ
東大文学部と常呂町
特別展の開催に寄せて
口絵
オホーツク、二つの邂逅 西秋 良宏
 
第一章 オホーツク人の海と陸
オホーツク海沿岸の自然環境とその変貌 平井 幸弘
オホーツクの動物 −ヒグマと海獣 桑原 岳仁
■松浦武四郎の見た魚 坂本 一男
第二章 オホーツク氷民文化
もう一つの日本列島史 宇田川 洋
骨格形態にもとづくオホーツク文化人 石田 肇・近藤 修
海に生きたオホーツク人 高橋 健
■骨が語る食生活 米田 穣
オホーツク人の住まい 武田 修
オホーツク「クマ祀り」の世界 宇田川 洋
オホーツク人と死 熊木 俊朗
■オホーツク人のゆくえ 宇田川 洋
第三章 オホーツク・フィールドワーク
スグ ユク アトフミ 北海道常呂町と東京大学文学部考古学研究室 大貫 静夫
ところの民族考古学 トンコリと常呂 宇田川 洋
トコロにひろがる先住民の集落 武田 修
「ところ遺跡の森」構想と大学の地域連携 佐藤 宏之
オホーツクに生きるまち「常呂」 辻 孝宗
■ホタテガイの話 佐々木 猛智
 
常呂実習施設史 宇田川 洋
「北の異界―古代オホーツクと氷民文化」出品物一覧 西秋 良宏