[The University Museum]

デジタルミュージアムを支える技術


「デジタルミュージアム」を構築する要素技術について概観する。 「デジタルミュージアム」は開発途上の技術体系であり、 その理念や機能についての社会の認知が得られているとは言えない。

このような、利用する側での認知の問題だけでなく、 「デジタルミュージアム」の提供する枠組みを利用し学術資料を提示する側の ―― いわばコンテンツプロバイダー側の人々に対して、 急速に進歩するデジタル技術・ マルチメディア技術にどのような可能性があるか ―― さらに言えば各自の専門の持つ知的資源を「公開」していく上で どう利用できるかといったことを認知してもらうことも、 冬季特別展「デジタルミュージアム」の重要な目的である。

漢字処理 電子本 アウトライン画像
処理方式による版画
MUD 見せ方の多彩化 パーソナライズ
レプリカ ネットワーク デジタルアーカイブ
ビデオオンデマンド コンピュータ
グラフィックス
デジタル著作権
漢字から電子文字へ 音声処理 コロタイプ印刷
デジタル博物館
とBTRON
東京大学漢字
プロジェクト
デジタルフォト
ライブラリ


[Up]

[Logo]

Copyright (C) 1997 Tokyo University Digital Museum
Version 1.1
web-master@um.u-tokyo.ac.jp